駆け月の双剣



<第一章>

敗戦から半年、故郷で勝国スレイルに対する謀反が起きた。 ナスターシャは故郷にいる祖父母と弟の安否を確かめるため、一人旅に出る。 途中、「試しの森」で出会った青年に、彼女は かつて淡い恋心を懐いた少年の面影を見る。
しかし、青年は帝国スレイルの間諜で……(08/09/10−08/12/08)

(注)ストーリー上、殺人描写・流血描写が多くなっております。
それに嫌悪感を感じられる方、また義務教育を終了していない方の閲覧はおすすめしません。
上記を理解した上での閲覧をお願いいたします。


登場人物世界観

風前の塵と、春夜の夢。 01 木乃伊取り、木乃伊になる。 02
一難去ってまた一難。 03 04 05 06 海老で鯛を釣ろう。 07 08 09 10
猫、窮鼠の罠に掛かる。 11 12 13 14 前門狼、後門は虎。 15 16 17 18 19
風と少女は閉じこめられず。 20 21 22[終]


<第二章>

帝国・皇帝直属の男グレイに誘われ、「とある研究所」の一員として城で働き始めたナスターシャ。
研究所とは名ばかり、次々と課される雑事に振り回されながらも、彼女は故国のためにできる事を探してゆく。
そんな中、城下では不吉な噂が囁かれだして……(09/11/02−)

魔は、類を呼ぶ。 01 02

検索サイトからお越しの方は、 こちらから−Index−へどうぞ。





Copyright(C) 2008-2010 Saiki. All rights reserved.

  1. 無料アクセス解析
inserted by FC2 system